腎臓病食事の宅配食おすすめランキング

マカロン
ナポレオン
HOME => 腎臓病における食事療法については、栄養士に教え

腎臓病における食事療法については、栄養士に

腎臓病における食事療法については、栄養士に教えて貰いながらいろんな工夫について知ることが出来ます。

開業医さんで食事指導を受けられないときは、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介して貰い、専門的意見を頂くこともよいと思います。

CKDの治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)には薬物治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)と食事療法は重要視されます。

食事を基にして得たたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。

血液は腎臓中で分解されて、残った老廃物は尿といっしょに体外へ出されます。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。正常な腎機能であるために、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、適量は摂り入れるようにしましょう。一日の食事の種類や量についてや、どのようにして献立を考えたらよいか、あるいは食塩の抑え方などを指導します。

低たんぱく食事療法を基に腎不全の急激な悪化を食い止められ、結果として透析の導入時期を遅らせられます。

また、透析導入後も、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法においては、治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)用特殊食品の使用がメインとなりますから、その治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。

それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質や食塩を体内に取り入れているかをチェックします。

24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。

尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。

たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。

もし標準体重が60kgくらいであれば、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。

食品に含まれている蛋白の量については食品標準成分表を参考にして貰えばよいと思います。

食事療法がメインとなり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。

減塩と蛋白制限が食事療法の意味合いは、腎臓病の進行を遅らせることと、健康体のキープとされます。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、食事療法の要となり、そのうち減塩食は高血圧治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)の手間を省き、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。

CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が似つかわしいとされていますが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量にくらべると約半分であるせいで、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、その他にもカロリーが不足するなどで、なかなか実践に踏み切れない方も多く存在します。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質の場合分離されれば7〜8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に多少なりに腎臓に負荷が生じます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日分で言えば30〜40gに相当します。カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理をはじめましょう。

茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、使用する食品の種類や調理の際の形状・水量・所要時間により相違します。

ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、搾るようにすると、より多く除去できます。

腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。

この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿をつくり体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、その他、電解質の安定を保ったり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私立ちの体にとって大切なはたらきをしています。

腎臓病治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)は当然病院で似つかわしい治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)を受けることも先決ですが、それ以前に、日頃の食生活(低カロリーで栄養バランスのとれた食事を三食規則正しく食べるのが理想です)習慣を見直すことが大事です。

腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、カリウム摂取を減らす必要があります。

野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、生の野菜や果物とくらべて多量のカリウムが含まれています。

そういったワケも含めて、もし腎機能が健康でない患者さんが、いつも野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、食べ過ぎに注意が必要な食品です。

甘い食べ物に関しても案外多くのたんぱく質が入っていたりします。

おやつは製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギーがほしいからと言って一気に食べると、たんぱく質の過剰摂取になります。

例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個相当のたんぱく質が内包されています。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 腎臓病食事の宅配食おすすめランキング All Rights Reserved.